minikoro

koronpo's mini webblog.

Processingで諸々学習

2014.Nov.09 Sun

@fladdict氏のインタラクティブ・プログラミング勉強会 第1回 乱数のエントリーを見て、豪華な勉強会だなー、羨ましい…。とハンカチを噛み締めつつ、僕も後追いで勉強させて頂こうとProcessingを使用して動きからソースを連想する写経ならぬ、模写的なものをちょこちょこと。

ちなみにProcessingは初体験でしたが、

視覚的なフィードバックが即座に得られるため、初心者がプログラミングを学習するのに適しており、電子スケッチブックの基盤としても利用できる。

Processing Wiki より引用

ということで、複雑な環境設定とかも無くとっかかりはサクサクといけました。

そんな感じでとりあえず draw() で点を動かして「ステキ!」って言う感じから始まって、黙々と模写をさせて頂きちょっと感じが掴めて来たので何か少しだけ発展系をということで、この動きだとマクロスやエウレカやらのミサイルチックな動きが再現出来るんじゃね?と思いその辺めがけて再びちまちまと。

テンション上がって来て「持ってけー!」とシェリルノームの歌が変に頭の中で流れる中、とりあえず出来たのが下記。描画ポイント数の生成もランダムにして、あとマウスをのっけてやるとマウスポインタに向かってたまにがしっと向かってきます。

出来あがった感想としては「こ、これじゃ無い。」感に溢れる感じというか、このノイズ感は見てるとなんかゾワっとしてきてちょとキモチワルイやも…。が、多分これ以上やると収集つかなくなるのでとりあえず打ち止め。見ていて気持ち悪くなって来た人はそっとブラウザの閉じるボタンを押してやってください。

そんな感じでもう少し模写をさせて頂きつつ、色々学習しつつ最終的には自サイトも http://fladdict.net/ みたいなオシャンティーな感じにしたいなー、とか思いながら諸々暫く続けていきたいと思います。

や、しかし写経やら模写やらはやっぱ勉強なりますな。

Tags : Creative Javascript