minikoro

koronpo's mini webblog.

Processingで諸々学習 その6

2015.Jan.11 Sun

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ということで書き初めProcessing。年末はswiftごりごり書いていたのでコンパイラから「セミコロン無いんとちゃう?何回言ったらわかるん?ん?」と怒られまくりながらヴィクトル・ヴァザルリ先生の作品をProcessingに落とし込んでみました。

昨年末、神戸のだまし絵Ⅱ展を見に行く機会があったのですが作品の印象としては芸術よりもロジカルな感じが大部強かった(絵の中心に鉄の円柱立ててその回りに円形に歪んだ絵を描いて円柱ごしに見える絵画とか、横に引き延ばした絵画を壁際の斜め前から見るとちゃんと鑑賞できるとか)ので、どうせ年末年始は移動やら実家やらでじっくりお仕事関連の作業は出来ないだろうなということで、書き初めがてら何かヒントは得れないかという視点で鑑賞。で、ヴィクトル・ヴァザルリ先生の作品をピックアップさせて頂きました。

平面表現なのに立体的な錯覚を起こさせてくれる本作品ですが、ロジックの読み解きの際も着目点間違えて、2重に騙されたがなと1人突っ込みをしつつ、三角関数もしっかり多用されていてほんとロジカルに表現されてるなーと感動しつつ制作。

お正月期間内でロジックが思いつかずどハマりしたのですが、先日電車乗ってる際に「ああ、そういうことか。」って閃いた時は顔のニヤケが抑えられない的な状態も発生しつつなんとか落とし込めました。

シンプルなロジックでこういう美しい表現になるのかーと改めて。計算って奥深い…。このロジックの制作はなかなか面白かったのでまた改めて別エントリーで書こうかしら。

とりあえずそんな感じでいい感じにらりらり出来る完成版貼っておきます。

Tags : Creative Javascript